読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不器用な天使

ぼくらの鼓動は全てをぬりかえてく

時を切り裂く流れ星- 『関西ジャニーズJr. X'mas Show 2015』 フレッシュ組公演 感想

Jr レポ

とってもとっても今更なクリパ感想。公演が終わり、発売される雑誌のレポや裏話を読んでほくほくしていたのですが、それと同時にこれはやはり自分が感じたことも文章に残しておかねば…という思いも強くなりまして、記憶の断片と当時のメモを元に書き連ねてみました。主に、というかほとんどが高橋恭平くんについての感想です。なにぶん公演終了から二ヶ月以上も経っているので、記憶違いも多々あるかと思いますがそこは一個人の記憶メモということでご容赦ください。

OVERTURE

暗転。スクリーンに次々とスポットが当たり映しだされるシルエットダンスにわくわく。正門こじけん赤名3人組の「盛り上がろうぜー!」のかけ声を合図にコンサートが始まる。

Sexy Summerに雪が降る

階段セット上中央に高橋、長尾、道枝。ファーとボンボン付きオフホワイトのコートに赤パンツ黒スニーカー。裾に赤と緑のモールがついた緑地ケープ(裏地赤)を羽織り、頭にはクリスマスツリーを模した三角帽子をかぶってXmas仕様。恭平くんの端正な顔立ちの上に乗っかるチープなかぶりものがなんとも言えないアンマッチさを醸し出していてくすぐったくなるところ。階段セット上は狭いのでここは手振りのみ。思い思いに歌う3人。恭平くんは両手を胸に当てたり、目頭にキュッと力入れて眩しそうな笑顔で一生懸命キメて歌おうとしていたのが可愛かった。

ジングルベル

階段セットを降りてステージ下手へ。♪ジングルベル~で前後にステップ踏む恭平くん。

おめでとうクリスマス

1フレーズ目の ♪We Wish You a Merry Christmas~ では、サンタ姿の15年組西村拓哉くん&大西風雅くんが加わり、センターで肩を組んで歌う高橋、西村、長尾、風雅、道枝の5人。2フレーズ目では、道枝、長尾、高橋3人が△のフォーメーションに。伸ばした右手を合わせるように中央に寄って離れて、くるっとターンしながらポジション移動。そこから手を繋いで横一列になり片足を上げてるんるんステップ。天使たちのラインダンスが可愛すぎて天に召される。

曲ラストには、♪And a Happy で胸に両手を当て、♪New Year で両手を口元から前に差し出して投げキスのような振付が。恭平くんは動作ひとつひとつがふわふわしており全然飛距離が出なさそうな投げキスを毎公演繰り出していて、こなれてない感じがこれまた愛しかった。

ひいらぎ かざろう

♪ひーいらぎかざろう の歌い出しは、両手をへーんしんみたいなポーズにしてステージ下手へ行進。下手袖から青いステッキを受け取って階段セットの上へ。

再びジングルベルのメロディーが流れるアウトロはステッキを床につけてトントンしながら踊る。笑顔全開でキャッキャという声が聞こえてきそう。後半の公演では、リズムに合わせて「ワン・ツー・スリー・フォー♪」と、カウントを口ずさみながらステッキトントンして踊るようになっていた恭平くん。楽しそうすぎる。かわいい。

あわてんぼうのサンタクロース

この曲が始まる前にカウントが3つ入るんだけど、それに合わせて自分の口でも「バンバンバン!」って言っちゃう恭平くん。ご機嫌ノリノリである。ステッキを逆さまに持ちエアギター風にして歌う。手をオッケーマークにして顔のあたりでリンリンする恭平くんがなんともキュート。

サンタが町にやってくる

下手にはけてコートと帽子を外す。戻って階段セット裏で待機。

Sexy Summerに雪が降る

こじけんの「みんなでバカになろうぜー!」を聞いた時はいきなりの村上ズムに思わず吹き出した。黒地に金刺繍のナポレオンジャケットに身を包み、階段セットをくぐってステージ奥から登場する恭平くん。♪Ding Dongの手振りが可愛すぎでは…?くいくいっと動かす猫の手みたいな手首に毎回釘付けです。メリックリスマス!!な道枝きゅんには、かわいいー!と感嘆の声があがっていた。

道枝くん挨拶

よく通る声でハキハキ堂々と喋る道枝くんに感心。ちっちゃい頃のマトリを思い出したり。いかにも台本通りです!という抑揚も微笑ましい。僕はまだ考え中ですが…と言っていたクリスマスプレゼント、千秋楽ではローラースケートをもらいました!との報告に変わっていた。少クラでローラースケートよりもずっと近代的なおもちゃを持ってるのを披露していた道枝くんのプレゼントはそれで良かったのかいと少しだけ疑問に思ったのは内緒。

Dream Catcher

セットがぐるっと回ってメインメンバーが出てくる。燦然と輝く赤い衣装を着て真ん中で歌うだいちゃんと、周りを固める室、向井、大西、赤名の布陣に思わず鳥肌がたった。だいちゃんは夏に見た時よりも確実にセンター然としていた。衣装の色は、西畑→赤、大西→ピンク、向井→水色、室→金、赤名→紫。メイン4人に混じり同じデザインの紫ジャケットを着た赤名くんに慄く。雑誌のゲネプロレポでは全身紫のキラキラ衣装を着ている赤名くんだけど、本番はバックの子と同じ白のボトムに変更されていたのでここは意図的なものがあるのかな。

持てる限りの力を振り絞り、光あふれる未来に向かって突き進んで行くような歌詞と曲調が素晴らしい良曲。一番二番と続くマイナーな曲調から一転、二番サビでメジャーなメロディーになりぱあっと目の前が明るく広がっていく感じ、そして大サビでひとつ上のキーに転調して更に高みを目指していくというイメージが浮かぶところがとても好きだ。

サビの入り、♪つ か め で、腕をトントントンと上げる振り付けは舞台上の彼らとシンクロできて楽しい。♪花が咲くでしょう はテンポが早く複雑だったので脳が解析するのを諦め、最後までよく分からず終わってしまった。そんなポンコツファンの為にも、振付レクチャーは曲披露する前にお願いしたい。

恭平くんは2番Bメロ下手から登場。シルバーの縁取り&ボタンの白スーツに白タンク。記者会見の時に着ていたスーツとリバーシブル仕様らしく裏地にオレンジ色が見える。足元は白スニーカーに黒靴下。2番サビの出だし ♪進め で上を見上げた瞬間の恭平くんの瞳が照明の光を受けてキラキラしているのが見え、本当にキレイだった。花道前付近で2番を踊りきり、ステージ中央で間奏のダンス。道枝くんと目を合わせてニコニコしたり。ここのダンスかっこ良かったのに、まいジャニで大人組のドリキャしか放送されてない事がもったいない…。映画ではフレッシュ組含めたフルサイズのドリキャ映像が流れて、あわよくば発売されるDVDに特典としてライブ映像がついて欲しいという欲張りな願望を抱えている。

Cメロで上手側の階段を登ってセット上へ。恭平くんがセンター。大サビ、階段セット中央に立つちびーず3人には、主旋律とは歌詞もメロディーも異なるオブリガードを歌うという素晴らしく重要な役割が与えられていた。それまでのクールな表情とは打って変わり、遥か彼方を見渡すような笑顔で胸に手を当て、何かを訴えかけるように歌う恭平くんが印象的。

アウトロ。両足を交互に上げてマッスルポーズみたいな振付。13日夜の恭平くんはアウトロのメロディーを口ずさみつつ踊っていた。伴奏までも自前で歌っちゃうお茶目さにやられる。狭い足場でぎゅうぎゅうになりながらも真剣な顔で踊る3人に胸が熱くなった。

Happy Happy Lucky You!!

イントロがかかると両隣の道枝長尾の肩を組み、ニーッと笑顔で歌いだす恭平くんがとても良いお兄ちゃん感。Aメロからは一度下手方向へ階段セットを降り、途中でまた戻って今度は上手側の階段を降りサビあたりでステージへ。はじめの方はふわふわアテもなく漂ってるなというイメージだったけど、公演が進むに連れて階段途中にいる子と積極的に絡んだりしている様子が多く見られて一安心。この子と仲良しなんだ~という発見もあったり。

6日夜:下手階段の真ん中らへんで、石澤くんが恭平くんのお腹あたりにわちょわちょ!!ってちょっかい出して二人でじゃれてた。

12日昼:下手側から階段セット登りつつ、風雅くんの後ろから両手を肩に置いて一緒に歌いお兄ちゃんする恭平くん。去り際に頭ポンポン。上手側に降りるときはいおりんとニコニコ。

12日夜:恭平くんのもとに駆け寄ってくる道枝くん。そのまま肩組んでニコニコのふたり。ミッチー天使♡

13日昼:風雅くんに視線をやると既に長尾くんが絡んでいて、そのまま階段セットでふらふらと放浪しはじめる恭平くん。福井くんとぶつかりそうになり慌てて避けていた。

13日夜:守屋くんの肩とんとんして目を見合わせて笑顔

19日昼:風雅くんの後ろから肩持ったり、頭ポンポン。下手階段で中村くんやいおりん、上手では道枝くんと絡んだり。

19日夜:風雅くんの後ろから操り人形のように腕を操作し、謎の振付をやらせる恭平くん(笑)

大サビは花道に移動。一番舞台に近い立ち位置(4~5列目くらい?)で上手側を向いてハピラキする恭平くん。元気いっぱいアピールするようにぴょんぴょん跳ねてるのがカワイイ。歌い終わると花道を通って客席後方へハケる。

基本的に特定の誰かにファンサする様子もなく振付に忠実に踊るタイプなんだなーと思っていたんだけど、千秋楽ではハケ際に顔を斜めに傾けてうつむき加減からのカッコつけたお手振りをしてるのを目撃してしまいあまりの可愛さに爆発した。きどり方が不慣れ…かわいい…!

BAD BOYS

宙船

Do you agree?

ロックメドレー。アグリは最近本家ではご無沙汰なのでセトリに入ってて嬉しかった。ゴリゴリな曲に合わせて頭をシェイクしたりとハードに踊る。

大西さんがセクシーなの?キュートなの?どっちが好きなの?状態で目の前のお客さんを翻弄するかのごとく煽っていた。お顔はまだまだ女の子っぽくて可愛いのに、動きが少年全開でかっこよくなったなあ…。可愛く煽ったかと思えば、次の瞬間には射抜く様な目をして客席を見たりして。くるくると変わる表情で、少女のようなあざと可愛さと尖った男らしさを次々見せられて大西さんのファンはたまらんだろうなあと思った。

愛なんだ

ステージ後方がせり上がって登場するちびっこJr*1。イエロー地にシルバー模様のジャケ&パンツ。インナー白T。黒スニーカー。ジャケットのボタンは上の一つだけ留める恭平くん。

この曲は恭平くんセンター!そして挨拶担当。「どうもー高橋恭平です。今回のXmas Show、楽しんでいきましょー!」…Show、しょーで韻を踏んでるの?だじゃれ?と毎回思ったけど多分違う。かけ声を「思い切り盛り上がっていきましょー!」に変えた日もあり。ラスト近くの公演では「千秋楽が近づいてきましたが…」というフレーズを入れてきたり、恭平くんなりにちょっとずつ工夫していて努力の跡が見えた。

後半の公演では長尾くんが挨拶してたようなので、ここはもともと交代制だったのかな。千秋楽では長尾くんが挨拶「長尾謙杜です!今日は泣いても笑っても最後。思い残さないように楽しみましょー!」。

歌はラップから始まり、ステージ後方から前に移動してサビ。♪きっとここから~で左右にステップするのがトコトコしてて可愛い。♪傷つくこと で後ろ向きになり右方向にちらっと振り返った恭平くんの涼やかな流し目に射抜かれる。伏せた目に憂いがあり見返り美人もいいところ。

♪ダメダメダメ~ 両手広げて足踏みしながら指パッチン、ぴょんっってジャンプ、広げた両手を目の前に持って来て♪ダーメだよ ってする振付が可愛くてここ見るのが大好きだった。

後半転調するところ、♪そうなんだ いつだって に合わせて、両手を広げてポーズする恭平くんの片膝曲げ具合とかちょっと肩をすくめ気味で顎を引いて上目遣いになってるのに昭和テイストを感じていた。非常に恭平くんっぽい。千秋楽ではアウトロで ♪タラッタ タラッタ~と口ずさみながら踊っていた。どうやらテンションが上がって楽しくなると口ずさんじゃうみたい。

Teleportation

福井くんが歌い始めた瞬間、おっと思った。滑らかな歌声が曲と合ってたなあ。ソロパートもらえるだけの実力があるのだなと納得。

GUTS!

襟付き青ラガーシャツ。白ハーフパンツ。黒ハイソ&スニーカー。ひざ小僧がかわいい。

ラグビーのパス待ちで足踏みしてる恭平くん。あんなにパタパタしてるのに重力を感じない軽やかさ。全然音がしなさそうな足踏み。♪常識なんて~ で五郎丸ポーズを決めるのだけど、はじめのうちは割と真顔でこなしていたのでそんな恭平くんを見ておいおい超クールだなと思った。後半公演ではニコニコが増えていたので、緊張していただけだったのかもしれない。

アウトロはみんなで台詞「蹴んのかい 蹴らんのかい 蹴んのかい 蹴らんのかい……蹴らんのかーい!!」。注目すべきポイントは、蹴らんのかーいってつっこむ恭平くんの大きく開けた口から見える下前歯の不揃いなところ。どこ見てんだよって感じだよね。分かってるけど可愛いものは仕方ない。ごめん。

千秋楽は、いつもより元気いっぱいな恭平くん。最後の手拍子もぴょんこぴょんこジャンプしてて、あれっココってこんなご機嫌な振付だったっけ?って思ったくらい周りのちびっこに負けじとフレッシュに跳ねていた。

STANCE

懐かし選曲だったのでテンション上がった。更に振付はオリジナルのままで嬉しさ二倍。セトリ考えてくれた子に感謝してもしきれない。この曲を眠ったままにしないでくれて、生かしてくれてありがとう。

衣装は前曲のまま。下手側で踊る。♪最高の翼も~ で片足とんとんしてリズムを取るところ、膝を柔らかくして全身でぴょこぴょこ上下してる感じがめちゃかわ。♪うーまくとベーない で両手を斜め後ろへブンブンと振る振付は恭平くんのすらっと長い腕が際立って良い。兎にも角にも、初披露当時の振付を今この時代に目の前の恭平くんが踊ってくれているという事実が嬉しすぎて終始感動しっぱなしだった。

中盤で特技披露の時は下手の階段セットの4段目あたりに上がって頭上で手拍子したり拍手したり。空手の前に下手へハケる。ここで手拍子してる恭平くんの足元を見ると、左足のくつひもが解けそうになってることが何回かあった。靴紐結ぶの苦手なのかな。

手拍子しながらカカトを少し上げたり下げたりしてリズムを取ってた恭平くん。階段の前の方ギリギリに立ってて、前のめりすぎでちょっと怖い。途中でちょっと後ろに戻ったりしてた。あぶないあぶない。

曲と関係ないけど、ハピラキで階段降りてきたら後頭部に白いわたぼこり付けてた時があって、そこからSTANCEまでずっとくっついてたもんだから、スタッフさん気づいてあげてーと思った日もあった。

【特技披露コーナー】

中国コマ:小柴
ヨーヨー:岡
ガンパフォーマンス:道枝、中村、川北
座布団回し:河下
バレエ:山本
空手:赤名、風雅

初日の空手は結構な尺で、ここで拍手…あれ、まだか…みたいなビミョーな空気が流れていたので、以降はちょっとだけ持ち時間が短くなってテンポが良くなってた記憶。「剛柔流 撃砕2」かな?型の名前?を宣言するときに赤名くんが風雅くんの方を向いて「せーの」って息を合わせていたのが毎回可愛いなと思った。ちんまい体を精一杯動かして型をやる風雅くん、その隣のスマートな空手王子赤名くんどちらも魅力的。

負けへんでBaby

下手バルコニーセットの上段にスタンバイする恭平くん。ゼブラ柄青ノースリジャケット白パンツ。曲タイトルにかけて、台詞あり。○○には負けへんで!と言われたJrに次々にピンスポが当たっていく。

西畑「ちっちゃい子には負けへんで!特に道枝、お前には負けへんで!」

道枝「正門には負けへんで!」

正門「恭平なんかには負けへんで!」

高橋「小島だけには負けへんで!」

小島「長尾には負けないぞい!」

長尾「赤名になんか負けないでござる!」

赤名「西畑には負ける気がしねえ!」

最後にだいちゃんが「呼び捨て…?」「ギリギリやろ今の」「間に合ったな」とか日によって異なるひとこと。それを聞いて暗がりの中でふっとニヒルな笑みを浮かべ、歌が始まると同時にハケる恭平くん。

Bメロから再びステージに登場。Bメロの直前でささっと走って出てきて流れるように ♪もう敵わんわ~ の振付を踊り始める恭平くんの瞬発力はさすがピチピチの15歳。ブルーのノースリ衣装がまた似合ってて好き。キラッキラした笑顔でとにかく楽しそうにシャカリキに踊るのが見ていてとっても楽しい。♪Oh yeah~一回目でぐるりと回す上半身と、二回目で床をごろんと回る身のこなしにときめく。

落ちサビ ♪もうたまらんわ~ でだいちゃんを先頭に縦一列になって千手観音。上手にひらひら。下手にひらひら。照明が落ちたステージでは下から風が吹き上げていて、ピンスポットに照らしだされる恭平くんの横顔と風にさらさらなびく黒髪のきらめきはなんとも言えない美しさだった。

続く ♪Burning で、パッと気を付けして、♪Heartそれでもええわ 両手を一直線に伸ばし、カウントに合わせて時計の秒針のように動かす。時に口ずさんだりしてる恭平くん。♪飽きもせんとごっつがっつ では首でうんうんカウントとってて激かわ。♪見せたるわ 一列状態からひとりずつ左右に飛び出す。スッと上手側に移動して次のポジションにつく恭平くん。大サビも笑顔でガシガシ踊っていて、体中から「楽しい!!」が溢れるような恭平くんが本当にかっこよくてとってもとっても魅力的だった。

ちなみにAメロで合いの手が入る所は、初日こそシーンとしちゃったものの、後半公演ではしっかりとダイゴコールが起きていて楽しかった。

6日夜、イントロのやり取りのところは出とちっちゃったみたいで「恭平には負けへんで~!」って言われてスポットが当たるバルコニーセットを無人にしてしまっていた。照明さんが気を利かせてくれて、歌い出し直前にももう一度バルコニーにスポットライトが当たるんだけど現れず…それを見ただいちゃんが「いない!いない!」と叫んで歌へ。Bメロからステージに出てくるところは間に合って、やっちゃったーって感じでちょっと苦笑いしながら走ってくる恭平くん。ステージ裏でトラブルがあったのかな?その回では、MCまたいで後半戦、きのこの山になって出てくる時、お鼻赤くして目元もうるっとしており泣いた後みたいになっててちょっと心配に。

後日雑誌で、自分のソロ曲で出番を忘れた恭平くんが公演後に号泣で楽屋に謝りにきたという話をだいちゃんから明かされて、やっぱりあの泣きべそは悔し涙だったのかなとこの日の恭平くんを思い出した。先輩の曲演出で失敗しちゃって号泣するくらい悔しくて申し訳ない気持ちでいっぱいな恭平くんの事を想うと胸が苦しくなる。頑張っていれば時には失敗してしまう事もあるだろうけど、恭平くんはきちんと反省して次に向かっていける子だと思う。その経験も糧にして成長していってほしいな。

そしてこの場面に遭遇するまではクールな顔して踊る子という印象が強かったので、一転、幼くて可愛い子供な泣きべそ顔を見てしまいそのギャップにずきゅんとやられてしまった。全く、どこで落ちるかなんて分からない。

Act-Show

この曲も!イントロが流れた瞬間脳天が痺れるほどの衝撃を受けた。まさかまさかの。衝撃のあまり初日の記憶がほとんどない。。負けへんでの決めポーズから、イントロ ♪チャーン に合わせてしゃがんでスタンバイ。マイクを受け取って上手へ一旦ハケ。

Bメロ ♪その手が伝える~で上手からローラー履いて華麗に登場する恭平くん。サテン地白フード付きワッペンいっぱいの黄緑ノースリ、インナー白、パンツ白。しばらくローラーでステージ上をぐるぐると回る。

間奏~ラップ部分は後列最上手。ローラー履いたまま手振りしたりくるっと一回転したり。たまにバランス崩しておっとってなるけど、すぐに体制立て直してたのはさすがの運動神経。その後ちょっと照れ笑いしながら踊ってたのがまた可愛かった。

ラップ部分は、伸ばした手のひらを上下上。ストレッチみたいな動き。目だけがやたらとキラキラしていて可愛い。♪愛を煩わせていく 腰左右に動かす振付の恭平くんは、動きは控えめながらもやたらと挑戦的な顔をしている時があってずるいなあと思った。特に13日夜公演の恭平くんは攻撃力が高かった。踊ることの楽しさに、複数公演経ての自信が加わったキラッキラな笑顔が目に焼き付いて離れない。ローラー履いてて足元不安定なはずなのに、なんであんな魅力的な顔して踊れるのか。今後の成長がおそろしい。

ローラーでぐるっと回った後ハケて、白スニーカーに履き替えて再登場。下手最後方で踊る恭平くん。アウトロ音楽に合わせて前方に出てくるところは、前の柊和くん(かな?)とぶつかりそうになって体を思い切りのけぞらせて回避したり、接触しちゃって弾き飛ばされてびっくりした顔に。立ち位置がかなり詰め詰めでシビアな部分みたい。しかし、ぶつかりそうなのを必死で避けてるのも可愛かった…。千秋楽ではぶつかる心配なくスッとスムーズにフォーメーション移動していて成長を感じる。ラストの英語コーラス部分(♪baby night〜みたいな)のとこも歌いながら踊っててひたすら楽しそうだった。はじめのうちは真顔でローラーぐるぐるしてたから、魅せながら滑れるようになったんだなーって嬉しかったな。

この曲も全体的に笑顔多めで楽しそうだった記憶。ローラー初挑戦だったようだけど、ほとんど危なげなく歌を口ずさんだりしながらすいすい滑ってて器用なのだなと感じた。*2

最後、組体操風の決めポーズは四つん這いのお馬さん役。恭平くんが下なんてどういうこと!?折れる!!と思ったら、上には両手を広げた風雅くんが乗っててすぐ許した。可愛いコンビ♡

MC

ドリキャの紹介と振付レクチャー。これはなんとか歌う前に持ってこれなかったのかなと。曲披露と振付指導の順番がテレコになっちゃってたのが残念だった。覚えて一緒にやってくださいって言われても、もう歌終わってるしね…。実態はどうあれお客さんが見に来てるのはこの一回きりの公演なんだって意識で構成を考えてくれるといいなと思う。

ハンドサインの説明する時に

(☆ω<)「これね、関西の西っていう意味の、WESTのYなんですよ」

(;☆ω<)「あっ、ちゃう…Yじゃない…」 って、言い間違えて照れ照れになってた大西さん。二回くらい同じ間違いしてて、その都度「あっ」て慌ててる姿が可愛かった。

クイズコーナー

5日昼

龍太くんチームが罰ゲームする前、足つぼマットを痛そーって顔で見てた恭平くん。いやいやキミ、足ツボ痛がる歳じゃないよとつっこみつつ。その後小柴道枝が痛そうにしてたから若くても痛い子もいるのかあと納得。

6日夜

クイズコーナーでおしりダンスを披露させられる流星。衣装の後ろにフサフサが付いていたので肝心のおしりが隠れており、西畑向井に「もっと尻見せんかい!」とセクハラまがいの野次を受けていた。律儀にフサフサを持ち上げて踊る大西さん健気…。

回答者恭平くん。ペンとクリーナーの紐が絡まってモタモタ。なかなか回答が書けない。懸命に紐を解くうちにクリーナーを落としてしまい隣の康二くんに気づかわれる様子が、お兄ちゃんと弟って感じで和んだ。その後、罰ゲーム受ける事になったのに全然痛がらず足ツボマットの上でぴょんぴょん飛んでた恭平くん。爽やかにCan Do〜踊りきってて笑った。

そういえば、クイズコーナー登場を康二くんがダメ出しして、見本見せて!→スケボーに寝そべって登場 の一笑いがあったのだけど、ふと後ろに並んでる恭平くん見たら全然笑ってないしキョトンとした表情しててそれすらも可愛かった…。クイズ回答者一人目だったから次に意識が行って緊張してたのかなあ。

12日昼

今日はクイズ順番回ってこないからか、後ろのひな壇でリラックスした様子の恭平くん。小吹くんと楽くんに挟まれて、押し合いへし合いぎゅうぎゅうに座り、時折顔を見合わせてニコニコ楽しそう。

「ヤンキーから離れろ!!」で蜘蛛の子を散らしたように舞台袖にハケるみんな。ステージに取り残された龍太くんの事を、下手の袖から膝に手を当てて中腰になって顔だけ覗かせてる恭平くんが!めちゃめちゃ可愛い!

足つぼはメイン4人。痛い痛いと騒ぐドサクサに紛れて、大西さんの上に馬乗りになる西畑さんと、マネして乗っかりに行く康二くんと犠牲になる龍太くん。その一部始終を、後ろでCan Do踊りながら訝しげな顔で見ている恭平くん、のコントラストが最高だった。そこで爆笑しない恭平くんを見て、推せる…!と脳内の誰かが叫んだ。

クイズは「室龍太の住所はどこ?」って問題に、ひらがなで「ろじうら」って回答してた大谷くんがツボだった…笑。

12日夜 

呼ばれて元気いっぱいにぴょんぴょん跳ねながら登場するひな壇Jr。便乗した康二くんもイエーイ!フォー!!って大騒ぎ。「ストップ!!」って言われて水を打ったように静かになり、騒ぎを止めた龍太くんをシラーっと見つめる皆。シュール。

道枝恭平大谷の順でひな壇座る。道枝くんとこしょこしょお話したり、ひな壇に浅く座って内股ぎみになったり、周りの子と目線合わせようときょろきょろしたり仕草が女子っぽくてかわいい…。ひな壇並んでる時、昼に比べて表情固いな〜と思ってたらやっぱり回答者だった。緊張が顔に出ちゃう初々しさ。

クイズ第二問目「大吾の好きな苗字は?」の回答者は恭平くん。緊張した面持ちで出てきて、ホワイトボードともちゃもちゃしてる間にクリーナー落として、またもや康二くんに拾ってもらう。磁石付きのクリーナーをマイクスタンドにくっつけてもらって、これでよしみたいな感じで康二くん見てうんうん頷き。康二くんが「これよく落ちるんでどうしようかと思ってね?こうしたら、くっつくんですよ~」って皆にアピールすると隣で恭平くんニコニコ笑顔。

問題聞いた時、どうしよう…って声が聞こえてきそうな表情してた恭平くん。むーって考えて「大西くん」("くん"は小さめ)って書いてた。1ポイントGETして満足げな表情。かわいい。

13日昼

大谷恭平晴太郎の順で座る。ひとりずつ紹介される回答者に向かって手を伸ばし脇を締めて小さく手を振る晴太郎くん(番協の子のきゃーって感じ)。それをマネして同じようにきゃー><って手を振るお隣の恭平くん。

大谷くんが回答者に呼ばれた後は、いおりん恭平晴太郎の順。るたこじが端と端で会話してるから、左、右、左…って揃って視線をキョロキョロさせてた3人が可愛かった。お隣の晴太郎くんに左手をちょんってされて何か問いかけられた後、少し顔しかめて「そうやねん」みたいに頷く恭平くんというやりとりがあり。双眼鏡では人差し指の爪をケガしてる?ようにも見えたけど、それ以外に指先を凝視できる機会など来るはずもなく真実は闇の中。

13日夜

長尾恭平山本の順で着席。流星が楽屋で根回ししていた疑惑をかけられていたときはあーっ(いけないんだ~)みたいな顔する恭平くん。大西畑どっちが背が高い?という話で二人が背くらべするときには見えなかったのか、スマイリーサンタの影からのぞくように顔を出していた恭平くんが可愛かった。

クイズ第三問「龍太くんがよく行くイズミヤのポイントで何を買った?」 微妙な位置と微妙な大きさでホワイトボードに「うまい棒」と書く恭平くん。最後の回答者だったので康二くんにレイを首にかけてもらって、ホワイトボードお片づけ。

19日夜

フウー!しながら団子になる恭平守屋山本。いおりん恭平晴太郎の順で座る。晴太郎くんとこしょこしょ話したり。両脇のいおりんと晴太郎くんが周りの子と結構楽しそうにしてるので、ニコニコ目線を送るんだけどどうもうまく入れてない恭平くんが歯がゆくて若干不憫で可愛かった…。

問題「大吾の寝る時の格好は?」 に「フルティーン☆」連呼する小島くんに大爆笑してる恭平くんがめっかわで、こういうネタにウケてるところが男子高校生だな〜〜と思う。

25日

例によってフゥー!!しながら出てくるみんな。恭平くんはキョロキョロした後、もりしゅー捕まえて後ろから両肩に手を置きぴょんぴょん飛び跳ねて嬉しそう。出てきたときは一人でフゥーやってたのに、わざわざもりしゅーに絡んで盛り上がる恭平くんが面白すぎた笑

ひな壇。長尾高橋大谷で座ったと思ったら高橋大谷の間に晴太郎くんがぐいっと割り込む。一旦離席し、回答者から戻ってきた晴太郎くんは今度は大谷くんの膝の上に着席。ごちゃってるうちに左手踏まれてイテー!って顔する恭平くん。その手をよしよしする晴太郎くん。

1問目シンキングタイム中、ヒザをリズムよくボンゴみたいに叩く晴太郎くん。その流れで隣の高橋大谷のヒザや腕も叩く(笑) 叩かれるタイミングで左腕をさっと避ける恭平くん。負けずに追いかけて叩く晴太郎くん。最終的にふたりでバシバシ叩き合う。謎の攻防戦。

叩き合いが収まると今度は小指で晴太郎くんの手をちょんっとする恭平くん。正面向いたまま手でちょいちょいやりあう。恭平くんが横向いて なぁにぃ? って言うと、晴太郎くんが ん? ってすました顔して、最終的にふたりでニコニコ〜って笑い合ってた。仲良しかわいい…!

これがクイズコーナーの初めの方だったから、恭平くんはその後も晴太郎くんの方を気にして微笑しながらチラチラ見るという事象が何度か起きていた。

クイズ罰ゲーム準備中、突如ステージに乱入したマスクマンに目をまんまるにして驚き固まる恭平くん。マスクマンの正体がこじけんと分かると一気にくしゃっと笑顔になって可愛かった。こじけんくんはマスクいじられるわ渡部って呼ばれてコジマだよ!って返しもしなきゃで笑いが渋滞。

こじけんくんが滑った時に氷のような目をしてた恭平くんと、龍太くんの一発ギャグが滑った時に菩薩のような顔で拍手してた長尾くんが隣同士に座ってるのがじわじわきた。

罰ゲームチャチャチャを踊る直前、スタンバイしつつ後ろ髪なおす仕草が少女。踊ってる最中いおりんの手が頭にバシッと直撃していてよくぶつけられるね恭平くん…。

そして恭平くんの左手人差し指の爪、縦半分ほど不自然に白くなってるように見えたから先週から治ってないのかなって思った。見間違いならその方がいいんだけど、もしケガならお大事にしてね。

MC

12日夜

だいちゃんがしょおれん二人にジャニワ初日おめでとうメールしてくれていた。しょうくんには (θωθ)りゅう切った? と送ったら、(ㅍ_ㅍ)まっぷたつやボケ と返ってきたらしい。れんくんとのやり取りは気になるけど公開されなかった。きっとだいちゃんの心のなかにそっとしまってあると思っておく。

13日昼

バレンタイン最高何個もらった?Jr全員呼んで手を挙げさせる。恭平くんは15個以上まで手を挙げてて、20個以上の人!って言われたら下ろしてた。 手を上げる前、周りの子とこしょこしょ何個?何個?みたいなやりとりしてて可愛かった。

13日夜

MCでJr全員呼んで好きな先輩の後ろに並ばせるやつを早速やってくれた。恭平くんが並んだのは龍太くんの列。理由が気になる…雑誌とかで話してくれないかな。

MCでちょっと手持ち無沙汰になると、衣装おしり部分についてるモフモフ毛皮をさわさわしていた大西さん。手触り良さそうだもんね。つい触っちゃうって感じで可愛かった。

Heavenly Psycho

初日に康二くんから曲名が発表された時に、大きな歓声が上がったのが印象的。今の松竹座公演を見に来てるお客さんにとっても特別な曲になってたらいいな。本家ではシングルCDのカップリングとしてアレンジVerが収録されたタイミングだったので、思い入れのあるオリジナル版の方を歌ってくれたのが、曲を復活させてくれている気がして嬉しかった。

Love & Hug

私服っぽい衣装素敵。康二くんのスタイルの良さが際立っていた。

cHocoレート

きのこのかぶり物(顔ハメみたいになってるボードに黒いゴムバンドがついてる)を付けた恭平くんは下手から登場。Vネックのオレンジ無地ノースリ、白インナー、白パンツ&スニーカー。花道前あたりで踊る。可愛らしい振付に反してかなりクールな表情で踊る恭平くん。道枝くんの肩に手を置いて、後ろから顔を見合わせる振付のところはニコッと笑顔。♪大人にならないで~Perfumeみたいにちょこちょこ足踏みする振付が可愛らしい。きのこボードの位置が安定しない日もあって、目にかかる前髪を気にしたり、ボードを手で直したり。

千秋楽、きのこになって出てきた時は珍しく汗で前髪がひとすじ額にはりついてる恭平くん。今まで汗かいてるイメージがなかったからちょっとビックリ。

それにしてもノースリ衣装は恭平くんの腕が映える。特に腕を大きく伸ばす振付のところはすらっとより長く見えて魅力的。二の腕の内側にうっすらついてる筋肉も良い。きのこを被ってる恭平くんの後頭部はゴムバンドで抑えられてて相当可愛いことになってたので、後ろ姿でさえも超キュートで困った。きゅっって抑えられた後頭部がめちゃめちゃ可愛い。そしてまた解けかかってる靴紐。ああもう結んであげたい。

きのこたけのこ戦争

下手からガラの悪いたけのこ達が登場してたけのこvsきのこの小芝居がはじまる。たけのこ登場SEは途中で変更あり。12日昼のみ「仁義なき戦いのテーマ」(←ヤクザ登場の時とかにかかる♪ちゃらら〜ちゃらら〜って曲)、12日夜以降はBattle。台詞を言いつつも曲に合わせて Whoa! を入れ込んでくるたけのこ達。龍太くんのツッコミにも Whoa! で返してて話が全く進んでいかないのに腹がよじれるほど笑った。

ソロ台詞はなかったので、基本的にはきのこたけのこのやりとりを腕を組んでじっと見つめている恭平くん。設定を忠実に守っているのかあんまり笑わないようにしてたみたい。ポーカーフェイスを貫いてるんだけど、晴太郎くんの斧ギャグにウケて思いがけずニコっと笑顔がこぼれたり、かと思えばすぐ真顔に戻そうと頑張っていたのが可愛かった。ギャグ見てぱあっと破顔した瞬間がとにかくキュートすぎたから、晴太郎くんには感謝状送りたい。この場面はたけのこくん達のギャグの応酬が激しいので、ニヤつきそうになるのを抑えつつも口の端が片方だけ上がっちゃったりで小さな表情の変化を見るのが楽しかった。

以下、大まかな流れを思い出し。

チョコレートを歌う出番に呼ばれなかった事に不満を言うたけのこ達。わーれー。

風雅「あ?なんなんすか?僕らの方が小さくてカワイイからに決まってるじゃないですか。ねえ、みなさん?」

両手を大きく広げ軽く膝を曲げて可愛くポーズする風雅くん。最終日はポーズからの投げキスに進化してて超キュートだった♡客席も思わずカワイイー!と絶賛。

小さくてカワイイとか言うけどこいつらきのこは成長してもでかくなんないんですよ。俺らはニョキニョキ伸びて竹になる、伸び代がある云々と言われて

道枝「あーあーあーあーのり塗るところね。」

室「それ糊代な」

龍太くんのツッコミはスルー(笑)して道枝くん。

道枝「そんなもんどうでもええねん。チョコレートの話してんねんで?そもそもあんたら自分のチョコレート含有量知ってるんすか?」

小柴「あんたらたけのこの里は1.273グラム。」

室「よっ小柴!」

小柴「俺らきのこの山は1.792グラム。その差なんと1.4倍。俺らの方がチョコレートぎょうさん使っとんねん。分かったか?せーの」

きのこ全員「わーれー」(高音)

何俺らのパクっとんねん!でワンフレーズのみRival歌う

途中で止める室

河下「俺ら続き歌いたかったんですけどおーーーーー!」(エコー)

この曲カッコいいから歌いたかったと主張する楽さん。

室「お前らがライバル歌うなんて100年早いねん!」

辻本「あ?なんや?もういっぺん言ってみ」

室「いやだから、お前らが「あ?大きい声でもっかい言ってみ」

室「お前らがライバr「やかましい!みんなやっちまえ!!」

ボコボコにされる室に突きつけられる解雇通達書。通達書を破いて「これ何か分かりますか?紙、ビリビリですね」のフリから次曲へ。 

ビリビリDANCE

下手側、康二くんについて踊る恭平くん。♪サディスティックなみらい~で唇の前に当ててシーッみたいにした人差し指をすうっと右に移動させる恭平くんの憂いを帯びた瞳にどきっとさせられる。あんなに可愛い顔してるのに時折大人っぽいアンニュイな表情を見せるときがあってギャップに翻弄されっぱなし。

基本的にはあんまりビリビリせずクールな表情で踊る。前で踊る康二くんと目が合った時はニコニコ笑顔。なんだかカッパ口になってる恭平くんがキュート。ビリビリして暗転した後、下手にハケる。

ペンライト指導

ビリビリ~で停電して、照明が全て落ちる。からのメイン4人でペンライト指導。はじめに懐中電灯出してきて小芝居してたのは途中からカットされたかな?クリパ以外のペンラ持ってるお客さんにをフォローしつついじったりしていた。暗闇の中でたまに暴走する康二くんを止める3人(というか主に龍太くん)。

大阪ロマネスク

「せーの!って言ったらペンライト付けてね」「じゃあいきます、どうぞ~!(曲フリ)」でお客さんがペンライト付けちゃうっていう現象がかなりの確率で発生していて、その度に「ああー違う違う違う!まだ!まだやで!!」って、わたわたしちゃう龍太くんが可愛らしかった。客席の振付もさすがの揃い様でペンライトの波がとてもキレイだったな。

世界がひとつになるまで

流星が「皆さん、世界がひとつになるまで点滅しましょう!」って言い出すから客席が!?ってなってざわざわしちゃってたのが不憫だった。ペンライトを点滅モードにしてほしいってだけなんだけど、後半の公演では言い方変わって流れがスムーズになってたのでやはり言い回しは大事。

恭平くんは下手から登場。襟付き水色ノースリシャツ、白インナー、白ストール、黄色バンダナ。風雅くんと立ち位置セット。ペンライトぐるぐる回す恭平くんの表情はなんていうか「無」でシュール…笑。千秋楽に見た時は優しい笑顔で歌っていて表情が曲の雰囲気に追いついていて一安心。下手にハケる。

Be COOL

Lullaby of Broadway

Dancing Queen

上手からダッシュで登場。白シャツに黒スパンコールベスト、蝶ネクタイ、黒パンツ、黒スニーカー。♪You get chance~のところの振付が可愛らしくて、歌いながら踊る恭平くんが好き。ここからのミュージカルメドレーもとっても楽しそうにキラキラした顔で踊る恭平くん。目を細め眩しそうなウインクしそうな感じの表情でキメてるのがかっこよくて可愛くてたまらなかった。

慌てて衣装替えするのか、腕まくりしたシャツが片方だけずり落ちてたり、靴紐が解けてたり身支度も気にかかった曲。黒いパンツのポケットがひっくり返ってしまってて、裏地の白い布がぴょこっと出てたのも何回か。一度ハケてSecretCodeでまた出てくる時にはちゃんときれいにしまってて、良かった良かったと思った。

千秋楽はシャツ腕まくりOK、ポッケから裏地出てない、よしよしって思ったら左の靴紐がほどけそうになってた恭平くん。SecretCodeで出てきた時はなぜか右袖が完全に降りちゃってて片腕だけ腕まくりに。それでもダンスと表情はばっちり。

Hello Broadway

更に上手に立ち位置ズレる。♪Hello~パンツの腰ポッケあたりに両手を置いてのステップが軽やかで好き。♪Hello Broadway のところの決めポース、重心の置き方と手の広げ方がとっても恭平くんっぽい。苦みばしった昭和の男って感じのすこし眉間に力の入った渋い決め顔してるのも非常にツボ。曲終わりで上手へダッシュでハケる。ヘッドセットの後頭部が悩ましいほどの可愛さ。

Dream Girls

Secret Code

イントロ終わりの♪チャーチャーチャで上手から風のように走って登場し、瞬時に踊り始める流れが何度見ても素晴らしい。♪秒針が~で人差し指をくるくる回す恭平くんは、片目を細めるというかちょっと眩しいみたいな感じの決め顔をしてて、妙に渋い雰囲気なのが好き。♪君を好きになってゆく~ 口ずさんだり、キュって鼻の頭に力入れて一生懸命カッコつけた表情してるのが可愛い。一旦ハケてから出てくるのでシャツの袖はキッチリホールドしてる事が多かった印象。そんな時は、腕まくり大成功だね!と心の中でエールを送っていた。最後はニコニコ笑顔でクラップ。かわいい。

『LOVE』

イントロが始まると、上手側の袖に向き直りながらスッと気を付けするように両手両足を揃え丁寧に歩いてハケる退場の仕方が好きでここは毎回注目して見ていた。そしてやはり後ろ姿も可愛い。

2番、下手から登場。先ほどの衣装にドリキャの白ジャケット着用。♪愛を愛を で胸を2回ポンポンと叩く振付が好き。凛々しい表情で歌詞を噛みしめるように歌い踊る恭平くん。

挨拶が終わって幕が降りる前、両手をまっすぐ前に出してお手振り。前髪を振り払うように何回か首を振りながらも手をふりふり。かわいい。

Ec:バンバンッ!!

出てきてしばらくはステージ上をふらふら目線きょろきょろさせちゃう恭平くん。自ら構いにいくのは風雅くんが多かったかな。今回立ち位置や組み合わせ的に二人セットな事が多いし仲良くなったんだろうなあ。

6日夜

割とすぐ出てきてくれた。ステージ一通り見回して、いない!?と思ったら後ろにある階段セットの真ん中くらいにぽつんと立ってる恭平くん。ステージ上を右へ左へふらふらしてる恭平くんの元へ、勢いよく肩組みにきてくれたのは道枝くんでした。二人ともニコニコッとしてて可愛かった。

12日夜

風雅くんに絡んであげてた。ばぶい二人が並んで仲良ししてるピースフルな空間。もりしゅーの事がお気に入りのようで、バンバンつつくだけでは飽き足らず、Bang!に合わせて全力で突き飛ばしてた。ヤンチャBOYすぎるぜ。

13日昼

幕が上がると長尾くんと肩組んで楽しそうにわさわさ。道枝くんの頭頂部を後ろからぐわしって掴もうとする。おい!!って振り向いた道枝くんに向かってイタズラっ子の笑顔。楽守谷に挟まれてもみくちゃになりながら打ち合いはしゃぐ。

曲終わり、最後の挨拶で一列に並ぶとき、隣同士肩ぐいぐい押し合う恭平赤名。挨拶が終わり、おとなしく手を振っていると思ったら、幕が降りる寸前に赤名くんの脇腹をチョップしはじめる恭平くん。どっちが年上か分からん!構ってちゃんかよ!カワイイな!!

19日昼

長尾くんと肩を組み、もりしゅーをつきとばす恭平くん。客席を見るよりもステージでひたすらわちゃわちゃしてる恭平くん。だがそれがかわいい。

19日夜

相変わらずバンバンでもりしゅーを突き飛ばして楽しんでいる恭平くん。夜も隙あらば脇腹アタックしてたけど、気づいたらもりしゅーに後ろからくっつかれて電車ごっこみたいに二人でじたばたニコニコしていた。奥村、楽と打ち合い。最後はもりしゅーと赤名くんに挟まれて肩どすどす。

途中でもりしゅーに後ろから何度か頭はたかれてたように見えたけど、後ろチラ見しただけでほぼノーリアクションだったので当たってたのかかすっただけなのかよく分からなかった。頭触られるの嫌いだけど後ろはオッケーとか言ってたから恭平くん的に許容範囲だったのだろうか。はたかれても反応うっすい恭平くんよ…もりしゅーが泣いてるよ……

25日

あまりはしゃがず客席にファンサ多めだった恭平くん。手降ったり、ピースしたり、顔傾けてカッコつけてるの超かわいい…単純なニコニコじゃない思春期男子感が初々しくてサイコーだった。長尾くんに肩組まれたり、打ち合いする恭平くん。新人の西村くんとも絡む。お兄ちゃんだなあ。

WEc:Dream Catcher

階段セット最上段のどセンターに登場する恭平くん。またもやすぐ見つけられなくてしばらく視線行方不明になったのが一生の不覚。踊りながら徐々に降りてくる。階段を少し降りて中段あたりで左前にいる晴太郎くんをチラチラ見つつ踊る恭平くん。またちょっと降りて足場が狭い段では慎重に、足の振りは小さめでダンス。

千秋楽で春松竹の決定を発表するだいちゃんが嬉しそうで誇らしげで。その姿がとっても頼もしく見えました。ワンピースには負けへんで!

 

最後に全体を通じて恭平くんに感じたこと。

髪型と衣装

初日は前髪長めで右目にかかりそうになっている恭平くん。たまに髪の毛が目に入るのかウインクしてるみたいな表情になって、大丈夫かな?あーでも可愛いってなる…。

12日昼は前髪全部降りてて分け目なしサラサラでいつもと違う感じ。髪切ったのかなと思ったけど、セットが違うだけだったかも。両目が隠れちゃう感じだったから、どっちかの目だけでも出してほしいなと思った。横はスッキリしてて、目の代わりに耳がばっちり出てた。翌日昼は前髪に分け目が復活。

特に13日夜の髪型がトップがちょっとふわっとしていて後頭部サラサラ前髪分け目ありでばっちり決まっていて、とっても好きな感じでカッコよかった。

髪型と関係ないけど、千秋楽で初めて右耳にかけてるヘッドセットの耳掛けが黄緑だなと気づく。

衣装は個人的に好きなノースリーブだらけでとても眼福だった。最後の正装風、黒ベスト黒蝶ネクタイも似合ってたなあ。全編に渡って良い衣装着せてもらってるねぇという感想。

ダンス

ガッツリ踊る系の曲で、楽しくて仕方ないって表情でダンスしてたのが印象的だったな。どちらかと言えばクールに決める曲でも、自分の中の楽しさが溢れてるのかめっさ笑顔になってしまっている恭平くん。ActShowや負けへんで~やミュージカルメドレーを踊る生き生きとした表情の恭平くんが好き。

ダンス自体はまだまだふわっとしててエアリーな雰囲気なのだけど。すらっとした体躯で見栄えがするので、ここにキレが加わったら強いだろうなと思う。恭平くんはひとつひとつの動きをそこに置くかのように丁寧に踊る。指先が綺麗で腕の振りは余韻がある独特のふわっとした動きをするところが好き。いい意味でもそうでない意味でも軽さがあるからその辺りがどう成長していくかだなあ。ふわっとキレが両立したらと思うとワクワクする。

回数こなして余裕と自信が出てきたのか後半の公演は良い表情してるな~と感じることが多かったように思う。初日は真顔で踊ってたところも、口ずさんでみたり表情作ってみたりと魅せ方がどんどん良くなっていくのを目の当たりにして、短い間にも成長を感じた。カッコつけた顔にほんの少しのドヤ感がにじみ出ているのがまた良い。ふとした瞬間に素の表情に戻って、カッコつけが持続しないのも初々しいなあと思った。

踊っている時の涼しげな目元も好き。正面向いてるときは切れ長なんだけど、真横を見たときにまあるくなるのが可愛い。そして白目がきれい。踊りながらやハケ際、恭平くんがちらっと横目線をするたびにナイス!って思っていた。

ファンサ

千秋楽になってやっとファンサしてる恭平くんを見たんだけど、そこにファン居るんだなってのが一目瞭然で初々しかった。分かりやすく何度もお手ふり、ピース、バンバンしてて…笑 ファンサするときちょっと顔傾けて目細めてカッコつけた顔するのがすんごい愛しかった。やっぱり嬉しいんだなーって。 

セトリ

これは全体のお話。初日公演を見るまでは、こんなにも松竹座懐古セトリになるとは予想してなくて、歴代松竹公演の資料映像見ながら構成考えたのかなってレベルでツボをついてくる選曲に感動してしまった。それまでの公演でもえいとの曲は歌ってくれていて、好きなダンス曲や通なところから持って来たなという曲はあったけれど、今回の選曲…特にSTANCEやアグリやヘブンリ、個人的にはAct-Showも、それを上回る思い入れがあって心をガンガンに揺さぶられた。ヘブンリのところでも書いたけど、眠っていた大切な曲たちにまた息を吹き込んで蘇らせてくれているようでとても嬉しかった。セトリを考えてくれたメンバーに本当にありがとうと言いたい。小さい組と大きい組ふたつに分かれた構成のおかげで恭平くんの出番もいっぱいあって幸せだった。

 

総合すると見終わってまずはじめに『楽しかった…!!』と思える良いコンサートだった。恭平くんの魅力にたくさん気づけたし、幸せな気持ちをおみやげに抱えて帰路につけるというのはとても良いことだ。1ヶ月弱の公演おつかれさまでした。すぐそこに迫った春公演。今度はどんなハッピーを詰め込んでくれるのかな。

*1:※恭平くんは高校生

*2:廉くんはヨチヨチしてたので…(笑)