星屑ダンスフロア

ぼくらの鼓動は全てをぬりかえてく

2018.05.13「とれたて関ジュース」(室/恭平/佐野)文字起こし

2018.05.13(日)23:45~24:00
ラジオ関西
室龍太、高橋恭平、佐野昌哉

OP

高橋:パリピーニ、マンジーニ、シンパイナイニー!

三人:関西ジャニーズJr.とれたて関ジュース!こんばんはー!

室:関西ジャニーズJr.の室龍太
高橋:高橋恭平と
佐野:佐野昌哉です!
高橋:この番組は、僕たち関西ジャニーズJr.が交代でパーソナリティを務め、ありのままの声をお届けしている番組です。出演メンバーは月毎に交代で毎月3人が出演しています。今月は、室龍太くん、高橋恭平、佐野昌哉の3人が担当しています。
室:はい!
佐野:はい!
高橋:てことですけども
室:w…なんなん?
佐野:シンパイナイニー…w
室:てことですけど、ちゃうねん
高橋:はい、なんですか
室:なんや
高橋:なんでしょう
室:パ、な、ま、なんや、なんて言ったん?
高橋:w マンジーニ、
室:うん
佐野:室くん…
高橋:でまあ、龍太くんパリピーニ、
室:マンジーニ高橋恭平、
高橋:はい
室:パリピーニ室龍太
高橋:室龍太くん、でまあ、シンパイナイニーニ
佐野:w
室:なに、し、シンパイナイニーニってなんなんw
高橋:はい
佐野:ニーニー…
室:昌哉のやつ?
高橋:そうっす
室:あ、そうなん?
高橋:シンパイナイニーニ
室:え、シンパイナイニーニやったん?
佐野:心配ないさーじゃ…
高橋:そう、シンパイナイニーニ、ちゃ、「サ」いらないんす
佐野:シンパイナイ、ニーニ…?
高橋:シンパイナイニーニ
室:w
佐野:シンパイナイニーニ?
高橋:シンパイナイニーニ
室:『シンパイナイサーニ』じゃないん?
高橋:いや、サイナーニじゃないんす、それ普通なんすよ
佐野:ニーニw
室:なんやねん
高橋:それ「サ」に「ニ」付けただけなんで
室:ほんまアホやな
高橋:シンパイナイサーニ(←?)
室:いやもういいです
高橋:今日は、
室:はい
高橋:わたくしが司会という事ですね、
室:はい
佐野:はい
高橋:で、しかも今日、5月13日、
室:うん
高橋:日曜日、母の日でございます
室:はい
佐野:はい!
高橋:はい!
室:お母さん、ありがとうございます
高橋:ありがとうございます!
佐野:ありがとうございます!いつも…
室:産んでくれて
高橋:はい、ありがとございまっす!
室:はい
高橋:というわけで、この5月は、この三人で、お送りしていきまっす!今日は、えー二週目恒例のお仕事の近況報告をしまっす。お楽しみにっ!

「あけおめコン」振り返り

高橋:ということで、今日はお仕事の近況報告をしていきたいと思いまあす!
佐野:はい
室:はーい
高橋:はい、まずは、少し前になりますが、大阪城ホールの、コンサートを振り返りたいと思いまあす
室:うん!
高橋:コンサート、2018、ハッピーニューワンイヤー、でまあ、まあ龍太くんは、そのまあ、何回かまあ出てる感じっすけど、僕と昌哉が、
室:うん
高橋:そうっす、はじめての、
室:ああ、城ホールで?
佐野:初でした
高橋:城ホールなんですよ
室:大阪城ホール
高橋:城ホール、1月3日と4日、初だったん…
室:初めてやったん?
佐野:初めてです
高橋:初めてでしたね、ぼくらは
室:あっ、どうやったんそれは
高橋:そうっすね、もうすんごいーなんていうんですか、まあ城ホールってまあ、誰かの、まあデビュー組さんのバックつくとか
室:うん
高橋:だけだったんすけどまあ、ぼくらがメインでやらしていただいて!
室:ほう
高橋:まあ、そうなんすよー、まあ僕ー言うたらまあそのソロ曲、いただかしてもらっ、やらしていただいて、
室:うん、歌ったね
高橋:そうそう、「愛してる愛してない」なんですけど、まあ、ね、まあ松竹座でも、まあ、まいジャニでも、まあ、脱いでたん、で、
室:w
高橋:そうそう
佐野:w
室:脱いでた?
高橋:そうなんすよ、そのー、恒例の、今回もその時も城ホールで、センターで、脱がしていただきまして、
室:はい
高橋:まあすがすがしい、気持ちいい感じでしたねぇ

室:ああ、やっぱり城ホールはこう、
高橋:きゃーって言われる、
室:松竹座でも、
高橋:はい
室:まあいいけど、そのやっぱいっぱいの
高橋:やっぱ違いますね
室:お客さんの前で
高橋:はい
室:脱ぐと
高橋:はい
室:爽快感が違うと
高橋:やばいっすね!もう、 
佐野:なんかやばいっすw
高橋:なんか、いやそういう意味じゃないす、たのしい、ですね、なんかこの、『あっ、俺が一番輝ける場所はここやな』みたいな
室:ほーう
佐野:んー
高橋:感じで、そうなんすよね
室:言うねえ
高橋:そうなんすよ
室:いいよ
高橋:良かったっていう感じっすね、やっぱ、悔いのなくやらせていただいたなって思いますね、経験になりましたし
室:昌哉、昌哉は?
佐野:neverが一番楽しかったです
室:お
高橋:お
室:楽しかったんやあれ
佐野:楽しかったです、なんかー大先輩の中で、混ざらしてもらって、おど、踊ったのもめっちゃ楽しかったですし、
室:うん
佐野:なんかセンターステージで、やったじゃないですかあれ
室:やったね
佐野:それがお客さんとの距離も近いし、どこ向いてもいるってのがなんか、新鮮で、すんごい、楽しかったです
室:へえー
高橋:へえー
室:そうなんや
佐野:はい
室:えっneverなんや
佐野:neverです
高橋:イスとか使ってましたもんね
室:使ってたよあれ
佐野:演出もめっちゃカッコいいです…
室:ね、また松竹座とは違う演出でね、
高橋:そうですね!
室:あのーファンの人もね、あのー、その、その人の曲とかで、ペンライトの色変えてくれたりとか、なんか楽しんでくれてんの見たら、こっちも楽しくなったんで、あの最高の、ひとときでしたね

高橋:ああ、最高のひととき
室:大阪城ホール
高橋:はい
室:はい、ということで
高橋:はい、ということで、
室:今度は松竹座、
高橋:はい
室:ですね次は
高橋:松竹座ですね!
室:うん

「春松竹」振り返り

高橋:松竹座はですねえ
室:うん
高橋:なんかこのー、そのこの前が、分かれてたじゃないですか冬のときが
室:冬はね
高橋:そうそう、大人組とちびっこで、みたいな
室:うん
高橋:でそこで経験させてもらったことをまあ、しょ、春の松竹座で出せたかなと、まあ後、まあ道枝と、
室:うん
高橋:ふたりで、曲やらしてもらったりみたいな
室:うん
高橋:でまあ、そうなんすよ、道枝と!やらしてもらったまあ「My Girl」、Hey!Say!JUMPさんの
佐野:ああ
高橋:そう「My Girl」なんですけど、そうなんすよ、ふたりで、まあ話し合って、道枝がこれやりたい!ってなって
室:うん
高橋:でやることになって、ほんでまあそこにある高音のハモリのとこだけ僕が、やりたいって言ってそこは、いただいて、
室:うん
高橋:ていう感じでその話し合って、そうっす、道枝と話し合って決めたのが結構、すっといってその時は、
室:ほう
佐野:へえー
高橋:なんか、結構ちょっと、こう
室:言い合いにはならんかったん?
高橋:言い合い、そうっす、ならなかって、結構、
室:まあ自分がやりたいとこと、
高橋:そうなんすよ
室:ちゃんと一致してたってこと?
高橋:なんか、いや!
室:向こうは向こうで
高橋:みっちーもみっちーで、その高音が、やま、山田くんのパートだったんでそこは、やりたい!って言ってたんですけど、なん、話し合ったら、すって、僕に、その、ゆずってくれたりして
佐野:へえー!
高橋:そうなんすよ、
室:そうなんや
高橋:あのみっちーがすごいんすよ
室:いや、どのみっちーか分からんけどw
高橋:そうなんすよ
室:普段のみっちー、ど、その話し合いしてるときは知らんからさ
高橋:そうなんすよ、かわいいんすよ、そうなんすよ、もうそういうとこが、その話し合えて、なんか逆に嬉しかった、そのみっちーと
室:ふーん
高橋:なんか、僕、自分もちょっと一歩大人になったなみたいな、そうなんすよ
室:w いやちょっとわかんないですけどそれは
高橋:わかんないすか?結構成長したかなみたいな
室:ま、話し合ってね、できんのはいいことやから
高橋:はい
室:昌哉は?
佐野:僕は、曲じゃないんですけど、コントが、去年も春松竹でコントしたんですけど、入ったばっかでもう全然何していいか分かんなかったんですけど、
室:うん
佐野:今回は結構、小島くんとか、色んな人に、丈くんとかに
室:ほう
佐野:アドバイスもらって、陸くんとかとふたりで、コンビで、
室:小柴陸と
佐野:プロポーズのとことか龍太くんにツッコんでもらって

室:今回あのー
佐野:結構もう意味分からんことw 
室:春はあれやんね、ちょっとコント、コントが多めやったんで
高橋:やりましたね、そうですね
佐野:あーそうですね、
室:だからそこで、コントやね
佐野:はい
室:あれねえ
高橋:あれ、すごかった…
室:大変やったねえー!
高橋:大変でしたね、あれはほんとに、
佐野:w
室:もうあれは、
高橋:でもあれも経験になりましたけどねすごく
室:あれはねえ、ちょっと皆さんは知らないところで、すごく大変でしたんですよねあれ
www
高橋:一皮向けましたけどねあれはもう
室:うーん、まあまああの、なんかまあ、ああいう形に収まってよかったなって
高橋:龍太くん、すごくがんばってましたもんねw
佐野:ほんとに迷惑かけました
室:なんか、ね、最初俺もう全く出てなかったからね
高橋:w
佐野:あーそうですよね…
室:あの最初の段階では、そうそう
高橋:でもすごく小島くんと、いい感じに
室:そうそう、こん、なんか最終あの、ほぼほぼ出てたっていうな
高橋:最終ね
佐野:出てましたねw
高橋:ずっと出てましたね
室:そうそう、まあでもあの、すごい楽しいコントできたしね、あれはあれで
高橋:良かったですね
室:やっぱ俺もスキル上がっ、上がるからなああいうの
高橋:そうっすね!それツッコんでみたいな…
室:予期せぬボケとかさ
佐野:はい
室:やっぱこちらとしては楽しいのよそういうの
高橋:ああー
佐野:へえー
室:そうそうそう、なんか、こう、決まったボケってさあ、やっぱずっとやっていくごとに、あかんけどこう、慣れ、慣れっていうかそのー
高橋:ああー
室:ああまたこのボケかあみたいな
佐野:w
室:思っちゃうねん
佐野:はいw
室:ツッコミとしては
高橋:はい
室:でも、またこのボケかあやけど、
高橋:変化球…
室:違うツッコミー、する場合もあるし、またおんなじツッコミする場合もあるけど、なんかそういう、なんかずーっとおんなじ事やってるとこに、なんか、こう、なあ丈とかがなんか 
高橋:あー
佐野:あー
室:変なボケをつっこんできたりするから
佐野:w
室:だからそういうので楽しめたりもしてたし、俺もスキルアップできたかなって思うかなー
高橋:そうっすね、ぼくも、そうっすね、犬…まず人間じゃなかったですね、あんとき
室:犬ね!
佐野:犬
高橋:そうなんすよ、人間じゃなかったんすよね、
室:配役は、
佐野:配役…
高橋:どうでしたっけ

室:俺がまず長男で、室龍太が長男で、
高橋:高橋恭平は犬で
室:犬で、昌哉が通行人
佐野:通行人…
室:通行人てか、街の人、みたいな
佐野:はいそうです
高橋:でもあれからだって僕、何に生まれ変わりたいって言われたら、犬って結構言いますもんね、なんか
室:いやでも俺だから、
高橋:まじで
室:俺さ、俺思ったのは、犬めっちゃやりたかったなと思って
高橋:えっ
佐野:へえー!
室:ちゃ、恭平が、やってんの見てたら、俺やったらこうすんのになとかなんか色んな、
高橋:あ~
室:発想が、出てくるから、めっちゃめちゃ美味しい役やったと思う
高橋:そうなんすよね
室:そう
佐野:うん
高橋:でもめっち、なんか、経験になりましたけどね、なんか逆に決まってなくてひとりでそのー、ま、小島くんもそうでしたけど、
室:うん
高橋:なんか、こう、やっぱ、誰にもなんか、こう聞こえないって感じでしたよね、テイが
室:あー犬以外には
佐野:言葉が分からん…
高橋:やっぱり、それでやっぱ自分でやって、回収するっていうのが…
佐野:回収…
室:…あの、僕が期待してるのは小島ですね

高橋:ああー!
佐野:すごかったっす
高橋:小島くんはもうほんとに
佐野:面白すぎます
室:あれはね、もうハマると面白いからね
高橋:ハマりすぎですあれは
室:そう、だから今後もねなんか、いっぱい関西Jr.でやってけたらいいよね
高橋:はい!
佐野:はい!
高橋:そんな感じで
室:そんな関西Jr.がね、なんですか?
高橋:仕事、そうすね、まあ、あのまいどジャーニィ~でしたり、
室:小島も出てるまいどジャーニィ~
高橋:はい、小島くんもw
佐野:w
室:色々なJr.がね、出てますけど
高橋:毎回出てます
室:はい、詳しくはどこを見たらいいですか?
高橋:えーと詳しくはですね、まああの、なん、なんでしたっけ?
室:ジャニーズウェブを
高橋:ジャニーズウェブを!
室:見ていただいて
高橋:そう、ジャニーズウェブ等を見ていただいて!調べていただいたらなと思いまあす!
室:はい
高橋:はい、というわけで、時間がきてしまいましたので、今日はここまで!関西ジャニーズJr.の情報は、まあ、ジャニーズネットで、ま、チェックしていただいたらなと思うので、ここでCMです

ED

♪シンデレラガール / King & Prince

シンデレラガール(通常盤)

シンデレラガール(通常盤)

 

高橋:エンディングのお時間です
室:はあい
高橋:今日のエンディング曲として流れている曲は、King & Princeさんのシンデレラガールです
室:はい!
佐野:おお!
高橋:まあこの曲をリクエストしたのは、僕、高橋恭平でえす!
室:ほい!
高橋:はい!まあこれはね、もちのろんでございますね
佐野:w
室:廉が好きやもんな?
高橋:もう大好きで、まああと花のち晴れの、あのー
室:ドラマ
高橋:エン、エンディング曲に、使われているんですけど
室:はい
高橋:もうそうすね、永瀬廉くんが、もうー、愛しの永瀬廉くんが!
佐野:w
室:w
高橋:デビューしまして
佐野:はい
室:5月23日でしたっけ?
高橋:そうそう、5月23日にデビューしる、するんですけど、もうーその瞬間、わたくし、まあ、永瀬さんに、まあメールをさしていただいて、
佐野:おお
室:そのー、する!って決まった時に
高橋:もう決まった瞬間
室:はい
高橋:でメールで、CD!出た瞬間『100枚近く買います!!』
室:おお
高橋:『頼むでえ!』て言われて
室:100枚って結構大金やで?
高橋:そうです、そんぐらいやったらもう、全然出せるんで、もう
室:ほう、あ、それぐらい好きやと
高橋:それぐらい好きやということで、『買うんで』言うたら『頼むで!』、ビックリマーク!それだけで嬉しい
室:それだけ!?
佐野:そんだけやったんやw
高橋:それだけで嬉しいっす
室:ほんま廉らしいな
高橋:それだけでもう嬉しいすね、それがれんくんらしくて、そういう感じなんですかね
室:そっかあ
高橋:はい、まあぜひ皆さんも聞いてください!
室:はい
高橋:はい、さてここで番組エンディングの甘いおやすみのコーナーでございます
佐野:はい
室:イエイ! 
高橋:関西ジャニーズJr.の、とれたて関ジュースはJAM×JAMの最後を締めくくる番組、という事で、毎週誰かひとりがリスナーのみなさんに向けて甘いおやすみを言うコーナーです
佐野:はい
高橋:ですね
室:さあ、きました
高橋:これは、くじですね
室:くじ引きますか?
高橋:はい!
佐野:はい!
室:はい、恭平持ってよ
高橋:俺持っていいすか
室:おーもうその、司会の人が仕切らないと
高橋:はい、それではじゃあ僕最後で
室:俺、さ、俺先週ひいたから
高橋:あー!そうですか
室:ラスト引くわ
高橋:了解です
佐野:僕いきます、えいっ
室:行くよー、せーの

(くじびき)

高橋:関西ジャニーズJr.とれたて関ジュースではみなさんからのお便りをお待ちしています
佐野:メールはkjr@jocr.jp
室:おはがきの場合は、〒650-8580「ラジオ関西 関西ジャニーズJr.のとれたて関ジュース」の係まで
高橋:詳しくはとれたて関ジュースのオフィシャルサイトをご覧ください
室:それでは、今週は関西ジャニーズJr.の室龍太
高橋:高橋恭平と
佐野:佐野昌哉でお送りしました!

高橋:なんでお前だけベッドで、俺が地べたなん?えっ寒っ!!おやすみいーーーー!!

www
高橋:おやすみーーい!それでは、また来週も絶対聞いてくださあい!お願いしまあす!
三人:ばいばーい!
室:ネタに走ったな…

 

***

 

OPではシンパイナイニー!ってコールしたのに、いつの間にかシンパイナイニーニってちょっと変形させた呼び名をゴリ押しする恭平くんが、こだわってるのか適当なのかよく分からんくてツボでした。ひたすら連呼してる「シンパイナイニーニ」の言い方が可愛かった。文字起こししてる私はシンパイナイニーニがゲシュタルト崩壊しました。言い過ぎw

コンサートのお話が本人の言葉で色々聞けて、どんな事を感じていたのか知れて楽しかったです。恭平くんの「俺が一番輝ける場所はここやな」って言葉がなによりも嬉しかったですね。アイドルである自分に誇りを持ってくれているんだなあと。関西ジャニーズJr.としてステージに立つことが楽しいと思っているようで安心しました。これからも、ひとつひとつのお仕事を楽しんで、健やかに、この活動を続けていってほしいです。

れんくん大好き恭平くんも相変わらずで。CD100枚購入する気まんまんの強火ファンかわいい。短いメールにも幸せを感じている様子を本人がとても満足げに語るのが微笑ましかったです。

どうでもいいんですが、れんくんのメールをアフレコする恭平くんが、たった一言なのにコテコテの関西弁で吹いた。「頼むでえ!!」の言い方、めっちゃひなちゃんだったw多分れんくんはそんな生粋の関西人な言い方しないよw

甘いおやすみもせっかく当たったのにネタに走るとは予想外。去年はあんなに恋愛マスターに執着してたのになあw地べたで寝ることに不満げなセリフは、私には犬設定にしか聞こえませんでした*1

おしゃべりすると「なんか」が口癖だった恭平くんですが、今回は「まあ」「そうなんすよ」が多かった。「なんか」もそこそこ言ってたけど。今までに比べて、緊張感もおさまって、余裕を持ってトークできてた印象ですね。気合入ってるのはいいけど、まあ↑す!でえ↑す!ってウェイウェイ人間のノリで語尾が上がるのが気になるので、そこはフラットな言い方になおしてほしいです。

というわけで、積極的なトークが聞けた恭平くん司会回のとれ関でした。来週も楽しみにしてます!

*1:春松竹のタロウわんこを引きずる人の感想