星屑ダンスフロア

ぼくらの鼓動は全てをぬりかえてく

2017.09.28「中山優馬 RADIO CATCH」(道枝/長尾/恭平)文字起こし

2017.09.28(木)
JFN
中山優馬道枝駿佑、長尾謙杜、高橋恭平

OP

(東京では通じない関西弁の話)
「蚊にかまれる」「いがむ」「アテ」「ぐねる」「遠慮のかたまり」など


中山:『関西人の優馬くんはこれらの言葉使いますか?そして、東京で使って通じなかった関西弁ってありますか』というニュースですけども
3人:へえー
道枝:遠慮のかた、遠慮のかたまりって、KinKi Kidsさんですか?
長尾:いや、それ『愛のかたまり』
高橋:『愛のかたまり』
中山:うん、まだ、紹介もしてないのにグイグイ来てくれる感じでw
高橋:www
中山:www
中山:関西弁ね、使わない言葉ね、結構あるよ、なんか、あのー関西の人しか言われへん言葉みたいなんなかったっけ?この、あの、はし…違うわ、なんやっけ
3人:はし?はし?
中山:箸持ちながら、橋の、端を歩く…
高橋:橋渡しみたいな!え…?
長尾:絶対違うやんw
中山:Bridgeの橋
3人:ぶりっじのはし…?
中山:あの、なんて言えばいいんやろ、はし、あの海とか川超える橋
3人:はい
中山:の、端っこの端
3人:はい
中山:と、ごはん食べる時に持つ箸!
3人:はい
中山:が、関西弁ではこうイントネーションが全部違うやん
道枝:ああそうですね
長尾:はい
高橋:あーあーあー!ちゃいますね絶対に、はし、はし…
中山:だから東京の人とかは全く意味が分からないっていうのをね、聞いたことありますけど
3人:へえー
中山:まあそれよりもね、この3人を早く紹介したいからもう早速いってみましょう
3人:はい!
中山:それでは今週の中山優馬 RADIO CATCHスタートです!

(OPトーク
中山:蚊にかまれるなんて通じないねんね?あんまり言ったことないかもな
道枝:通じそうな感じはありますけどね
中山:通じそうな感じするよね
3人:はい
中山:もうこのね、声を聞いたらね、分かる方もいらっしゃると思いますけど、このあともういよいよ、関西ジャニーズJr.をご紹介したいと思います。それでは関西ジャニーズJr.メンバーの登場です!

自己紹介

中山:優馬があなたの耳をCATCHするRADIO CATCH、中山優馬がお送りしています。さあそれでは早速登場していただきましょう、今週も先週に引き続き大阪での収録ということでこんなスペシャルなゲストの皆さんに来ていただきました。えーかわいいかわいい後輩でございます。関西ジャニーズJr.の3人です!
3人:おねがいしまーす!!
道枝:お願いします!
中山:じゃあまずは自己紹介をお願いします
高橋:はい!今をときめく17歳、高橋恭平です!お願いしまーす!
中山:いえーい
高橋:はい!特技なんですけど、特技は僕、バスケットボールが、やってまして
中山:ぽいわー
高橋:もう卒業したんすけど、あのー小学5年生から、中学3年生までやってて
中山:部活でやってたってこと?
高橋:そうっす、あのーきっかけが、まあ、親はじまりで、あのーまあ、最初ぼく何もしてなくて、あのー、ずっと家で寝てるって感じだったんすけど
中山:何もしてなくてずっと家で寝てたんやw小学5年生なのに
www
道枝:しなさすぎやろw
高橋:やっぱ遊ぶじゃないですか、やっぱみんなって
中山:うん、そやな
高橋:でもやっぱ「寝る」が好きだったんで僕
中山:うん
高橋:それで、寝てて、でもなんかしな、させなあかんってなって、習い事を、で!バスケってなって
中山:うん
高橋:でそれで小学生で、なんかそのチームみたいなん入って、中学校で部活やってみたいな
中山:うん
高橋:でそれで、ま、いい時間過ごせましたね
中山:いい時間を過ごせたんや
高橋:はい!あの僕、
中山:なんかダンクシュートとかできんの?
高橋:いや僕、そん、そこまでその時身長が高くなかったんで
中山:うん
高橋:あのダンクシュートは…
中山:今何センチ?
高橋:今、17…2とか3
中山:あっ結構高いな
高橋:そう伸びたんすよ
長尾:ま、3人の中だったら一番高いと思います
高橋:そうそうそう
中山:ホンマやな
高橋:でちょっと今ね
道枝:で一番ちっちゃいのが長尾なんですよ
長尾:そう…最近抜かされてたんです…
中山:一番ちっちゃいの?最近抜かされたん?
長尾:はい…
中山:道枝くんが伸びたんや
道枝:僕が伸びたんです、あのー長尾が最初大きくて、
長尾:はい…
道枝:で、僕が抜かしてしまったっていう感じですけど
中山:なるほどね
長尾:はい…
高橋:そうっすね
中山:バスケが得意なんや
高橋:はい!
中山:なるほど、色々今日は探っていきたいと思いますんで、さあ続いて
道枝:はい!絶壁完璧道枝駿佑でーすおねがいしまーす
中山:なにそれ
道枝:あの僕頭が絶壁で、90度なんですよ
中山:ほお!
道枝:これ、関西Jr.とか他のJr.にはないかなあと思って
中山:なるほど!チャームポイントにしていこうと
道枝:はいチャームポイントにして
中山:ずっと後ろ向いとかなかんやん
道枝:はい、いやw
www
高橋:それはw顔がw
道枝:顔が映らない、顔が映らないすw
中山:絶壁完璧、
道枝:道枝駿佑
中山:道枝駿佑 なるほどね
道枝:はい、で特技は、小学校のころずっとやってた合気道です
中山:え?合気道やってたん?
道枝:はい合気道やってました小学校のころ
中山:カッコイイ、モテた?
道枝:モテないっす、全然…親が、その、精神を鍛えるためにやらせるみたいな
中山:なるほど
道枝:僕も最初高橋と一緒で嫌々で、で初めてその、道場行ったときは泣きじゃくってましたね
中山:なるほどね、俺もそう
道枝:あ、そうなんですか
中山:うん、野球やらされてんけど、野球行くときはね、もうあの、泣きじゃくってたね
道枝:w
中山:なんかワザとかあるの?
道枝:ワザ僕はー…
中山:でも合気道ってなんかやられたらそれを返すみたいな
道枝:そうです、なんか護身術みたいな感じなんで
中山:うん、なんか腕掴まれたりとかしたらなんかあんの
道枝:腕つかまれたら、もう
中山:掴んでみていい?
道枝:はい大丈夫です
中山:どこ掴む?
道枝:あの手首を掴んでください
中山:手首じゃあ…
道枝:つかんでもらったら、こうくるっと回して、そっから、もう、内に、くるんっと回ったら
中山:おお!
道枝:こう肘が上に上がって、その脇らへんの筋がピーンって伸びるんで痛いんですよ
中山:今ちょっとやっただけでも分かったもん!そんな、特技があんねや
道枝:はい
中山:可愛い顔してこれモテるでー
道枝:(照れ笑い)
中山:さあ、続いて、自己紹介してもらいましょう
長尾:はい、泣き顔笑顔長尾の長尾謙杜です、えー趣味は、あ、15歳です
中山:15歳
長尾:はい、趣味は、
中山:中学校3年生
長尾:はい、趣味は釣りーですね
中山:おお!
長尾:はい
中山:釣り好きなの?
長尾:釣りめっちゃ大好きですね
中山:俺もめっちゃ釣り好き
長尾:何釣りですかね
中山:海釣りで、
長尾:あー
中山:タチウオとか大好き
長尾:タチウオですか、僕、バス釣りなんですよね
中山:あっ川か!
長尾:はい、いや!池や琵琶湖ですね
中山:うん
長尾:とか行きますね
中山:ひとりでも行ったりするの?
長尾:ひとりで行きますね
中山:友達とも行くの?
長尾:はい、半分くらいですね、友達と行ったり、ひとりで行ったり
中山:えーそれは好きやな
長尾:はい
中山:バス釣りか、ちょっとヤンチャやね
長尾:そうっすかw
中山:うん、バスやる人って結構ヤンチャじゃない?
長尾:あーでも、そうっすね、海釣りよりは、若い人が多いですね
中山:うん、あーそうなんや、ちょっと共通の趣味あって嬉しいな

中山:さあそんな3人ですけども、この3人は、あのー、一緒に歌ったりもするんでしょ?
高橋:そうっすね
道枝:しますね 、します
中山:何年くらいなの今入って
道枝:僕ら3人は、もう、今年の11月で3年ですね
中山:あっ同期?
道枝:同期です
高橋:全員
中山:そうなんや、じゃあ仲良い?
道枝:仲良いです、あまあ、仲よくはなりましたね
長尾:なりました
中山:最初はちょっと
道枝:最初はちょっとその…まあ、
高橋:ケンカだったり色々ありましたね
中山:ええ!
道枝:ありましたね、僕と長尾がすごいケンカしてたりとかありましたね
中山:そうなん?
長尾:めっちゃ怒られるんすよ…
www
道枝:怒られるんじゃなくて、あの僕、
中山:怒られるの?w
道枝:長尾がそのちゃんとしてなかったんで、僕がもう、言ったら長尾がもう逆ギレしてきたんで、僕もその言い返しちゃったっていう
中山:なるほど
道枝:はい
中山:そんな小競り合いもあったけど、今はもうなくなった
道枝:今はもう
高橋:そうすね

入所のきっかけ

中山:さあそんな3人ですけども、ジャニーズ事務所に入るきっかけは何かあったの?
高橋:僕は、あのーおねえちゃんですね
中山:お姉ちゃんが送ったの?
高橋:が、送って、で僕その、オーディション当日まで知らなくて、でそれで、あのー、朝早く起こされて、でなになにみたいな、で、ちょっと行くでみたいな言われて、車乗せられて、
中山:当日!?
高橋:当日です
道枝:当日w
www
中山:そんときもどこに連れてかれるか分からず
高橋:分からず行って、で降りて、で途中まで、入口まで、そのオーディション会場の入り口まで親と行って、ほんなら急に親離れてって
中山:うん
高橋:じゃあ、あの行ってきてみたいなん、言われて、そこ行って右に、あの、あー、あの、恭平の、あのー今行かなあかんとこあるからみたいなん言われて
中山:へえー!
高橋:もうほんまに、最後の最後まで言ってくれなくて、ほんでまあ行ったら、オーディション会場って書いてて
中山:うん
高橋:でなんのオーディション会場かも知らんと行ったら、、
道枝:ジャニーズ?
高橋:ジャニーズのオーディションでした、みたいな
中山:へえー
道枝:最初はもう「はあ?」みたいな感じやったん?
高橋:もうほんまに嫌がったんですよ、めっちゃ。朝早く起こされるし、もう朝飯もなんも食ってないから、まじでもう、もうなんか…
中山:朝飯ぐらい食わしてほしかったなw
www
高橋:ね、ね、ね、寝癖ばっかーん出てるから
道枝:ばっかーんw
高橋:寝癖も直したいな思て、で乗せられてみたいな、ほんなら…今に、今に至るって感じですね
中山:じゃあ今となってはじゃあお姉ちゃんありがとうっていう感じやね
高橋:あ、そうっすね、もう感謝っす
道枝:僕はそうですねその、僕がなんか、ちょっと珍しい…とは思うんですけど、僕自身もその、
中山:うん
道枝:僕がお母さんのお腹におる中から、その、毎日SMAPさんの曲が流れてて
中山:お腹におるときから聞いてたって事?
道枝:そうですね、なんか聞かされてたらしくて、僕全然覚えてないんですけど
中山:うん
道枝:で、ジャニーズ行くんやでみたいなん言ってたらしくて、
中山:もうお母さんがずっと生まれるときから
道枝:そうですね
中山:言ってたんだ
道枝:はい、で、生まれて、で、2014年の10月ぐらいに、履歴書もう自分から送って、最初はその、
中山:あ、自分から送ったの?
道枝:そうです、最初はもう、入りたいなと思ってて
中山:うん
道枝:で、でも、なんかまた、あ、でも、ジャニーズに入ったら、なん、どうなるんかなっていう感じがあって、で、入りたくなくなって、
中山:うん
道枝:で、また入りたいみたいなったんすよ
中山:うん
道枝:で、履歴書送って
中山:その時はころころ変わって
道枝:そうです、はい、で、履歴書送って、でオーディション行きましたね
中山:へえーみんなじゃあ違うねんなあ
道枝:はい
高橋:そうっすね
中山:長尾くんは?
長尾:僕はもう、シンプルに舞台やテレビにいっぱい出たかったからです
中山:あ、じゃあ自分で送ったの?
長尾:いや、お母さんと一緒に相談して、なんで家族で送りましたね
中山:へえーこういう事やってみたいねんけどっていう話から?
長尾:はい
中山:じゃあジャニーズ事務所に一回履歴書送ってみたらっていうこと?
長尾:はい
中山:へえー、そのオーディションでは何をしたの?3人一緒のオーディションやったんやろ?
道枝:オーディションでした、えっと、
長尾:そうですね
高橋:あの、Sexy Zoneさんの君にヒトメボレって曲が、覚えて、それがやっぱ、テーマでしたね、ダンスの
長尾:はい 
中山:でもそれまでダンスの経験は3人はあった?
道枝:僕はお姉ちゃん二人いるんですけど、
中山:うん
道枝:お姉ちゃん二人がもう、ダンスやってて、僕はその、4歳、5歳、6歳くらいの時に、お遊戯感覚でちょっと通わされてたくらいだったんで
中山:うん
道枝:ダンスの経験全然ないですね 
中山:じゃあ二人もないの?
長尾:僕らもゼロですね
高橋:バスケしてましたね
中山:あら、でもそんな中で急に踊れって言われるわけでしょ?
道枝:はい
長尾:ビックリしました 
高橋:僕に関してはまじで何も知らなかったんで
中山:うん、なんか前でJr.の子が踊ってたの?
道枝:はい、オーディションに康二くんたちが
長尾:西畑くんが 
高橋:ゲストで
中山:康二?康二が前で踊ってて
長尾:はい
中山:康二と大吾が踊ってたの?
道枝:あと流星くんと 
中山:流星も!
道枝:あと、いっぱい、他のJr.の人たちも
中山:そうなんや、でそれ見ながら踊って
3人:はい
中山:なるほど、俺ね、康二とほぼ一緒やねんけど、俺が入ったのは、その時僕のオーディションで前で踊ってたのが、神ちゃんやってんへえー!!
中山:そう、神山智洋が前で踊ってて、一番上手くて、でそれ見ながらこう踊るってのがオーディションやった
3人:へえー
中山:踊れた?でも
長尾:いやもう全然…
高橋:全然踊れなかったですもう
道枝:もう、目えも悪かったんで僕
中山:www
道枝:視力がなかったんで僕は
中山:それは結構やばい
道枝:メガネかけてやってました、僕は
中山:でもそれでもがんばってやったんや
3人:はい
中山:へえー、未だにさあ、別に合格ですみたいな通知ないやろ
長尾:いや、全然ないですね
中山:なあ、あれ不思議やねんな
道枝:不思議ですね
高橋:あれホントに
中山:俺も未だにないから合格してんのかどうか分からへんねん
高橋:いやいやw

これから頑張りたいこと

中山:なんかこれから、あの、ここもっと伸ばして行きたいみたいなところはあるの?
道枝:僕はー
中山:道枝くん
道枝:歌と、お芝居と、ダンスと、あとトーク力とかですかね
中山:でも東京に行ってお芝居、なあ、
道枝:はい!
中山:母になる出て
道枝:やらさしていただきましたね、はい
中山:どうやった最初、それ聞いた時
道枝:最初、すごい嬉しかったですけど、そのーそれと同時に不安と、あとはこの役をやりきるぞって気持ちもあったんで、最初はすっごい緊張しててがっちがっちでしたね
中山:東京に行くっていうだけでもちょっと怖いもんね
道枝:はい、自分でひとりで東京行ったことなかったんで今まで
中山:うん
道枝:だからもう新幹線で東京のその、ビルが見えてきたら、あー東京やあ!みたいな感じでしたね
中山:おお、でも東京にあれ何ヶ月感は一人でいたってこと?
道枝:そうですね、ちょくちょく大阪帰ってたりとかはしてたんですけど
中山:うん
道枝:で、学校行って、また東京行くっていう感じで
中山:でもいい経験なった?
道枝:はい
中山:勉強できるしなあ
道枝:はい、すごい感謝してます
中山:これからどこを伸ばしていきたい?
高橋:僕はまあ、あの、その、好きな先輩がやっぱ、やましたともひしゃ(噛むw)くんと佐藤勝利くんで
中山:うん
高橋:僕あのー、ガリガリなんですよね
中山:うんまあバスケ部やってたからな、筋肉質でしょでも
高橋:そうなんすかね、あのそのー、バスケやってた頃は、あのーそのー、先生がスパルタだったんで、色々筋トレとかさせられて、あったかなって感じなんですけど、今ちょっとやっぱ、何もしてない感じなんで、一応家では、筋トレは、少しずつしてるんですけど、
中山:うん
高橋:でやっぱそれで、山下くんみたいな、あの、なんていうの、細マッチョっていうんですかね、
中山:うん
高橋:あんな感じになって、やっぱ色気とかも、歌も、ダンスもって感じで、全部うまなりたいんですよね
中山:うん、マルチに活躍できる人になりたい
高橋:はい!そうですね
中山:長尾くんもな、マルチに活躍したいって
長尾:はい、したいですね
中山:何が一番好きなの?
長尾:いや、この前までは、ダンスがんばろって思ってて、今もダンスがんばろって思ってるんですけど、
中山:うん
長尾:この前少年たちっていう舞台をやらしてもらったきっかけに、演技…やっぱり憧れて入った先輩が生田斗真くんたちなんで、
中山:うん
長尾:その演技もやっぱ伸ばしていかなかんなって改めて思って
中山:へえー、受験もしなかんしな
長尾:はい
道枝:はい
中山:大変やん、今めっちゃじゃあ  
道枝:はい、すごい難しいんですよね…

悩みごと

中山:なんか、悩みとかある?
道枝:悩みぼくぅー…
長尾:いやもう、
高橋:あ、僕ー、いっこあります
中山:聞いてみたいこととか、おっ
高橋:僕の悩みでもいいすか、ほんとに
中山:うん!いいよいいよー
高橋:あのー、ぼくー、こんなヤツなんすよ、ぼくホンマにー、なんかしゃべり方が、
中山:うん
高橋:アホなんすよ
中山:うん
道枝:www
長尾:www

高橋:これをどうにかしたいんすよー
道枝:改善したいと思ってんねや、一応w
高橋:はい、一応…
中山:そうね、今しゃべり出して20分くらいやけどだいぶ気づいてるなあ
高橋:あ、気づいてますー?
中山:うん
高橋:そうですね、そこを、一番、どうにかしたいんですよねー
中山:www
高橋:やっぱしゃべってアホってばれるの?ってことで、
中山:そやなあ
高橋:はい
中山:で、黙ってたらカッコイイのにって言われるやろ
高橋:そう!言われます言われます言われます
中山:しゃべったらアホやなあ
高橋:アホやなあみたいな
中山:でもそれに、女の子はぐっとくんねんて…
高橋:あ、ほんまっすかあ
道枝:ギャップで…
長尾:あー
高橋:あー、、それは分かります
中山:いや、わかんのかい!w
www
道枝:わかんのかい!わかんのかい!w
長尾:そこで分かっちゃうんやw
道枝:わかんのかいw
中山:うん、だからそこをもっとね、
高橋:はい
中山:ポジティブに伸ばして行ったらいいと思う
高橋:あー、伸ばしていったらいいすか!ありがとうございます
中山:いいところやと思う
高橋:ありがとうございます!
道枝:僕はー
中山:みっちーは…
道枝:そうですね、なんか最近肌の荒れがすごくて
中山:あーでもそれはーそういう時期だね
道枝:思春期だから仕方ないんですけど、あのほっぺたはね、キレイなんですよ僕
中山:うん
道枝:けど、鼻がもう、す、すごいなんか荒れちゃって、ニキビとかも、ちょっとできてて、で、治ってまた1個できるっていう、その、もう、
長尾:繰り返し?
道枝:ループなんでもう
中山:うん
道枝:だからもう、お姉ちゃんとかにも、保湿とか、で、これやってみたらとか、乳液とか化粧水とか言ってくれるんですけど、あんまり今までで、一番効いたやつがあんまり無いんですよね
中山:なるほどな
長尾:皮膚科行ってる?
道枝:皮膚科行ってない
中山:そうか、肌荒れね
道枝:はい
中山:でも歳やから、そのうち治るよ
道枝:治りますかね
中山:うん
道枝:はい、だから…
中山:受験のストレスちゃう?
道枝:受験…そうですかね、やっぱり
中山:うん
道枝:なんかプレッシャーとかですかね
中山:プレッシャーとかが
道枝:はい
中山:全然、もう時間経てば治ると思うよ
道枝:はい
長尾:はい僕はー、やっぱり受験生なんで、
中山:うん
長尾:優馬くん受験とか、勉強とかどうしてますかね?
中山:勉強?
長尾:もう勉強の仕方がまず、あんま分かんないんですよね
道枝:あー分かるー
長尾:分かるー?
道枝:分かる、分かるわ
中山:うーん、勉強の仕方ー?
長尾:はい
中山:でもー、大人になってーやっぱやっとけば良かったなーとか思うよ
道枝:あーーー
高橋:あーーー
長尾:それでもよく聞きますね
中山:うん、やっとけば良かったもん。だから、あのー、英語とかね、英語の授業とかあるでしょ
道枝:はい
長尾:はい
中山:とかで、全然俺も勉強できひんかったから

道枝:はい
中山:今になって、あのー、英語を勉強するにはどうしたらいい?って聞いたら、中学校1年生の英語の教科書を覚えればいいって言われた
3人:へええー!
高橋:それでイケるんですね
中山:そうそう、だからそれを、その基礎が入ってればそっから勉強できるから
3人:ああー
長尾:やっぱ基礎ですね
道枝:僕らの勉強法ってなんか、とりあえず提出物やっとけみたいな感じなんですよ
長尾:提出物がもう勉強みたいになっちゃってる
中山:でもちょっと覚えてくると好きになったりとかするやん
長尾:はい
道枝:はい、楽しくなってくる…
中山:あと社会とかで、歴史上の人物とかややこしい名前の人もいっぱいおるやん
道枝:はい
長尾:はい
高橋:あー……
中山:何やった人かも思い出されへんかったりするけど、あんなん覚えてたら、ドラマとかね、すっごい楽しいよ 
3人:ええー

中山:ドラマ見てても楽しいし、その人物がわかるから
道枝:はい
長尾:ああー
中山:やしー、将来そういう役が来た時に、
道枝:はい
中山:あっ、この役…
高橋:ああー
長尾:あー
中山:例えば織田信長の役ですって言われたら、やっぱ勉強してるのとしてないとでは厚みが違うからね
3人:ああー
中山:そういう将来への投資としてね
道枝:はい
長尾:はい
中山:勉強、がんばろ
道枝:はい!ありがとうございます、ありがとうございまーす!!
長尾:はい!がんばりまーす!ありがとうございまーす!!

ハタチになったら?

中山:さあということで、今週は3人、まだまだ、ハタチまでもまだまだやもんね
道枝:まだ…
中山:恭平でも
高橋:そうっすね
中山:あと3年ぐらいあるということでしょ
高橋:あと3年、はい
中山:ハタチになりたい?大人になりたい?
道枝:大人になりたいですね
長尾:まだ…
高橋:大人なりたいです、はい
中山:大人になりたいの?
道枝:はい!
高橋:はい 
中山:なんで?
長尾:ハタチになる瞬間を味わってみたいですね
中山:へえーハタチになったらなんかやりたいこととかあんの?ハタチの時にはこんな事やってたい!とか
長尾:ああー
道枝:そうですね、僕は…デビューしてたいっていうその、
中山:うん
道枝:おっきい目標ですけど
中山:うん
道枝:そうですかねえ
中山:なるほどデビューして
高橋:僕は…
中山:もっとおっきい…たくさんの人に知られたい
道枝:はい
中山:恭平…
高橋:僕は、
中山:うん
高橋:やっぱもう、ハタチになったらもう、それこそ、山下智久くんみたいになってたいすね
中山:色々、
高橋:はい
中山:ドラマの主演はったりとか
高橋:やったり
中山:映画やったりとか
高橋:自分的にも、ガタイも、作れてたり
中山:なるほど
高橋:はい
中山:筋肉とかなあ、確かに
高橋:そうなんすよ
中山:長年やってないとなあ
高橋:はい
中山:トレーニング大変とかね
高橋:はい
中山:なるほど、長尾くんは?
長尾:いやーもう僕もやっぱデビューなんですけど、今ずっと目標にしてることが、西畑くんの身長を抜かすっていう
中山:お!
長尾:目標なんすよね
中山:目標
長尾:あとちょっとなんすよ、もうこの二人は…
中山:今何センチなの?長尾くんは
長尾:今165ですね
中山:うん
長尾:で、あとちょっとなんですけど、もうみっちーと高橋くんは抜かしてて
中山:うん
道枝:はい!もう抜かしちゃいました
中山:大吾抜かしてんねや
長尾:はい、で抜かしたいんすよね
www
長尾:あ、でも康二くんぐらいの身長になりたいですね、かっこいいじゃないですか
中山:カッコイイなあ身長高かったらなあ、ハタチなるにはまだまだあるから
3人:はい!! 
中山:その時までにね、もっと成長してこの番組にも、遊びにきてください
3人:はい!!お願いしまーす
中山:僕も、目標今できた。この3人が全員ハタチになるまでこの番組を続けていくこと
3人:お願いしまーす!!
中山:皆さんにも応援してもらいたいと思います

ED

中山:ということで、えー今日は3人に来てもらったけど、えーこのレディキャリスナー、聞いてくださるみなさんに、こう自分のアピールだったりとか今後の目標だったりとか、なんかメッセージをお願いします
道枝:はい
中山:じゃあまずは、恭平から
高橋:はい!えーと、まあ僕は、これからも歌やダンスくぁ、とかを!まあ…、一生懸命やっていくんで、僕のことを、見といてください!!お願いします
中山:お!見といてくださいカッコイイね
高橋:そうっすね
中山:さあ
道枝:はい、僕は、ダンスと歌とお芝居とトーク力をバランス良くがんばれたらいいなと思ってるので、是非応援よろしくお願いしまーす!
中山:イエーイ、そして
長尾:はい、僕よくマイペースって言われるんですけど
中山:うん
長尾:こう僕なりに一生懸命頑張るんで、応援よろしくお願いします
中山:はい、という可愛い後輩3人に来ていただきました、皆さんいかがだったでしょうか。えーそれでは、ここで本日のラストナンバーお聞きください、じゃあ道枝くん
道枝:はい
中山:曲フリをよろしくー!
道枝:はい!僕達も一度歌わせていただきました、嵐さんの『明日に向かって』です

♪明日に向かって

 

***

 

やさしく相づちをうってくれたり、随所で言葉をまとめてくれたり、優馬くんのとても聞き上手な進行で3人のお話がたくさん聞けました。

特に恭平くんのオーディション日のできごとや心境を、本人の口から聞けて嬉しかったなあ。当時の映像を懐かしく思い出しました。オーディション直後のまいじゃに見返したら、まだ声変わりしてなくて、緊張で表情固くしながらたどたどしく意気込みを話してて可愛かったです。(おしゃべりは、今もたどたどしいけどw)

3年前、突然連れて来られて、右も左も分からない状態で活動しはじめたであろう恭平くんが、今、関西ジャニーズJr.としてテレビに出たり、雑誌に載ったり、コンサートで歌ったり踊ったりお芝居したりと、全力でがんばってる事を考えると、なかなか感慨深いものがあります。きっかけを作ってくださったご家族のみなさんと恭平くんの努力に感謝。

3人のラジオが聞きたいなあと思ってたから、近い形で実現したのも嬉しい。「皮膚科行った?」とか勉強のくだりとか、節々でみっちと長尾くんがお互い普段のしゃべり口調っぽくなるところがあるのも和みました。恭平くんの普段のおしゃべりの感じも聞いてみたいので、同期3人でラジオなりテレビなり、対談する機会がまたほしいなあと思います。

貴重なお話をたくさん引き出してくれた優馬くん、ありがとうございました。ラジオ中で言ってたとおり、3人がもうちょっと大人になった頃に、再びゲストに呼んでもらえるといいな。